30日間チャレンジブログ

40代主婦が綴る小話。

生活水準は低めに

Joeブログのメルマガで、「生活水準を上げてしまうと、いつか収入が減って維持できなくなったらどうしようという不安に駆られる」とありました。

なるほどなぁ。

収入が上がっても生活水準をできるだけ低めにしておけば、極端な話「収入が今の半分になっても生きていけるし」と余裕が生まれるわけで、余計なストレスを負わずに済みます。

でもバランスが大事ですよね。

お金がなかった20代の初め頃は、家族旅行でイタリアやオーストリア、ハワイに行く友達がやっぱり羨ましかったし、ヴィトンの長財布を持ったり夜な夜なカラオケに出かけてみたりしたかった。

そのうち少し収入が増え、憧れがひとつずつ現実になっていくのは本当に嬉しかったし、体験できたことに後悔はありません。

たぶん、あまり周りに流されずに生きてきたからだと思います。

 

それでも必要以上に水準を上げる必要はないわけで、できるなら物は少なくシンプルにしたいですし、生活も複雑にしたくありません。

家電がたくさんあると時短になるのは間違いありませんが、狭い思いをしてまで置きたいとは思いませんし、メンテナンスに時間をかけすぎるのも避けたい。ある程度の便利さで満足していたいなというのがわたしの考えです。

 

と言いつつ、ノートPCをデスクトップに変えようか迷ったりもして…。

でもきっと、こういう矛盾を経て成長していくのでしょう。そう思うことにします笑

 

感謝日記

マッサージでスッキリ

美味しいカレーを作れた

手打ちパスタに感動

コンビニコーヒー

コンビニの機械で淹れるコーヒーがけっこう好きです。

値段の割に美味しいなと思うのはわたしだけでしょうか。

 

特にセブンイレブンのコーヒーが好きなのですが、それを友達に話したところ「実はわたしローソンで働いてたことがあるんだけどね。」と、ローソンのコーヒーについて教えてくれました。

 

ローソンは牛乳にこだわりを持っているそうで、コーヒーはブラックよりカフェラテがおすすめなんだそうです。カフェラテを美味しく飲めることを基準に作っているからブラックは好き嫌いが分かれるかも、とのことでした。

なるほどねーと感心した後日、ローソンでさっそくカフェラテを注文。暑かったのでアイスカフェラテ。

うん、そう言われれば確かにおいしい。

 

ちょっとしたことですが、これを知らなければブラックばかり飲んでいたと思います。

知識を得たおかげで美味しいものが味わえてなんだか嬉しい。

知る意欲を持つって、大切ですね。

 

感謝日記

優しい言葉をかけてもらえて感謝

プレゼントを喜んでもらえた

早めに就寝

パンを減らす

朝食は絶対パン派で毎朝パンを必ず食べていたのですが、ダイエットをするため頻度を減らすことにしました。

フルーツヨーグルトやオーツに置き換え、パンは週に1〜2度。

すると、今まで以上にパンが美味しい!

タカキベーカリーの冷凍パンが好きでよく購入するのですが、ただでさえ美味しいこのパンがますます美味しく感じられるようになりました。

やっぱ毎日食べてると舌が麻痺してくるのかしら。

身体の変化はまだ何もありませんが、この味覚の変化が自分的にかなりびっくり。

小麦に当てはまるのか、それとも他の食材にも当てはまるのか分かりませんが、いずれにしても続けて同じものを食べるのはバランスに欠いているのかもしれません。

 

おかげで日々のヨーグルトもオーツも無理なく接種できています。次に食べるパンの味が楽しみだな。

 

感謝日記

目標歩数達成

体調が元に戻り始めて嬉しい

勇気を振り絞って第一歩を踏み出した

大葉で乗り切れ

庭の大葉がグングン育っています。

蒸し暑さを吹き飛ばしてくれる最高の食材ですが、レシピをあまり知りません。冷奴やそうめんに添えてばかり。

ネットで探してみたら、バジルの代わりに大葉を使うジェノベーゼソースの作り方を見つけました。

これは良さそう。和風に縛られて考えていましたが、こんな使い方もあるんですね。

一気に20枚使うので大量消費にもうってつけ。

ナッツのカロリーが気になるので食べる量や頻度には注意が必要ですが、常備菜としても活躍してくれそうです。仕事の日の晩御飯で支度する時間がない時に重宝しそうですね。

 

さっそく今度の休みに作り置きしようと思います。

レシピをアップしてくれた方に感謝ですね。

 

感謝日記

睡眠不足解消

モラハラ対策の勉強

部屋の掃除ができた

意外と休まなかった

数日前に休むと書きましたが、ひょっこり書く時間が確保できて結局休みませんでした。

でも今日は短めに。

忙しかった用事がひと段落し、本日は病院へ。受付を済ませて診察まで約1時間。近場のマックで時間を潰すことにしました。

久しぶりに学びを得たいなと思い、ずっと気になっていた革製品のお手入れ動画をチェック。

革靴を始め、バッグやベルトのスレや色褪せを何とかしたくて気になっていたのです。

調べてみたところ、ある程度なら自分でもできそうです。かなり年季が入ったアイテムなので失敗しても悔いはありませんし、勉強と経験を兼ねてやってみることにしました。

とはいえリペアグッズは種類もブランドも様々。あれこれ調べて、サフィールがわたしの要望に合いそうでしたのでアイテムを少し買いました。

届くのが楽しみ。

 

しばらくこういうインプットの時間を取っていませんでした。

ほんの少しでも、学びがあるとその日の充足感が違います。

明日は本が読みたいな。

 

感謝日記

病状がかなり回復

有意義なミーティング

楽しい動画を発見

結婚の思い出

友人が結婚記念日のディナーをインスタにあげているのを見て微笑ましくなりました。

と同時に自分の結婚の頃を思い出します。もう20年以上前の話。

 

後になって分かったことですが、わたしの結婚が決まった時期に単身赴任中の父親は絶賛不倫中で、再婚に向けた離婚の準備を画策していたようです。

なので、「結婚を決めた人がいるので会ってもらいたい」と電話をした途端逆ギレされました。

「俺は絶対に会わない!今まで何の音沙汰もなくいきなり結婚は失礼だ。勝手にしろ。俺は会わないし式も出ない。」

音沙汰がないのは父親も同様で、転勤に家族を連れず単身赴任することも滞在先も、全てが決まった後でした。

彼氏ができたことをいちいち報告するような仲ではなかったため、父親のこの反応には違和感がありました。

でもまぁ、世間的にはそうもいかんだろうと、父親の赴任先へ母と共に向かいました。

が、その日の晩は結局夫婦の怒鳴り合い。

「会わねぇって言ってんだろうが!俺を巻き込むなッどうせ宗教が絡んでんだろ!勝手にしろ!」

確かに信者仲間も来るとは言え、結婚式に参列したぐらいじゃ信者になりませんし流石に勧誘活動をする人もいません(たぶん)。

と言うか、別に怒鳴らなくても断ることはできるのです。売り言葉に買い言葉で毒母もギャーギャー喚いています。

「ああそう!じゃあ勝手にするからねッ。お父さんの職場のAさんにはお世話になってるから呼ぶつもりなのに、父親不在でどうすんのさっ」

「呼びたきゃ呼べ!関係ねぇ!」

もうわたしのことじゃなく体裁について怒鳴りあっています。

論点がどんどんズレていき、傍目にはただ怒鳴りたいだけの中年男女の姿。

わたしの結婚って怒鳴り合いがないと成立しないんだろうか。というか、娘の結婚式で親が怒鳴り合うって普通にあることなのかな。そういえば授かり婚した従兄弟は、叔父さんが甲斐甲斐しく新居を探す手伝いしてたよな…。

不思議な距離感を感じながら帰宅したのを覚えています。

これも後に知ったのですが職場不倫は社内でとっくにバレており、お世話になったAさんは父に説教したところ絶縁されたそうです。そりゃあ関係ないですよね。

 

とりあえず父親不在の式はそれなりに挙げ、数ヶ月後に両親は離婚。全てのカラクリが明らかになったのはそれから1年後のことでした。

 

結局のところ、わたしの結婚が父親の不倫再婚の邪魔になると思い込んだ父親が、怒鳴り散らして事を収めようとしたようです。たしかに、下手に親戚付き合いが広がると面倒なことになりますもんね。

別に怒鳴らなくたって、ずる賢い人なら上手に誤魔化せたと思います。弱い犬がよく吠えるように、父もメンタルや知能がいろいろ弱い人間だったのでしょう。

 

タイミングの悪さもありますが、わたしは自分の結婚記念日が近づくたびに親の怒鳴り合いを思い出します。娘を祝福する気のまったくない、エゴのぶつかり合いだけの怒声が今も脳裏に焼きついています。モラハラ夫にそれを話すと「別に今はもう実家にいないんだから辛くないじゃん。」と言われました。いや、そういうことじゃないんだけど…。

 

たぶん結婚にまつわる楽しい思い出もあったはずですが、ほとんど父親の怒鳴り声で掻き消されています。こういうのをトラウマって言うのかな。

だからって他人の結婚が妬ましいとか、そういうことではありません。

ただ、この記憶がポンと出てきちゃうよって、まあそれだけの話です。

読んでいただきありがとうございます。

 

感謝日記

人の役に立てた日

たくさん笑えた1日

目標歩数達成