30日間チャレンジブログ

40代主婦が綴る小話。次の目標は180日。

金は天下の回り物?

ちょっと自分的に驚いたことがあって、いったいこれは何かなー、GIVE&TAKEかなー、引き寄せかなー、他の何かかなーなんて無理やりスピ系思考に偏ってみたりもしたのですが、何のことはない、いわゆる「金は天下の回り物」という話。笑。

お友達の娘ちゃんの中学入学祝いを何にしたらよいか分からなかったので友人にリクエストを求めたところ、いくつかピックアップしてLINEで送ってくれました。
こういうのホント助かりますよね。使わない物貰っても絶対困るだろうし。

で、「この中で予算に合う物を選んでね」とあったんだけど、全部買ってもそれほど高額にはならなそうだったので、まあいいか、滅多にない機会だしとポチッたわけです。

だって次の入学祝は3年後でしょ?誕生日とか年末年始のお付き合いをするほどの仲ではないので、これくらい弾んじゃえ、と軽い気持ちで。

で、ですね。
買ってから気づいたんですけど、わたしが使ったクレジットカードがちょうどキャンペーン中で、買った額の3分の1がキャッシュバックで戻ってくるとのこと。

めちゃくちゃお得!

友人はもちろんそんなこと知りませんから「ええ!全部買ってくれたの?!正直助かる、ほかにも出費がかさんじゃって…。」とマジで大喜び。
いやいや、キャッシュバックがあるから実際それほどの出費でもないのよ、と内心思いながら「せっかくのお祝いだからねー」と、しれっと返すわたし。

win-winってこういう時に使う言葉なんじゃないかしら。違う?まあいいや。

 

そんな感じでホクホクと喜んでいたら、今度は年に一度のピアノの調律の日がやってきました。
長年お世話になっている調律師さんで本当に腕の良い方なのですが、昨今の住宅事情で生ピアノが減りつつあること、コロナ禍で自宅に来るのを拒むお客様もいるとかで収入が減ってしまったようです。
少しでもお役に立てたらなと思い、お子様もいらっしゃる方なのでお土産用のお菓子をちょっと奮発して用意しました。

支払いはチャージ式の電子マネーでキャッシュレス決済。

最近チャージ専用口座を作ったので、そこからどれくらい引かれたかチェックしてみると、なぜか全然減ってない。
あれ?と思い明細を見てみると、新規口座開設キャンペーンで1500円キャッシュバックされてました。すっかり忘れてた。
お菓子や飲み物を2000円分くらい買ったのに、結局500円程度の出費で済んでしまいました。
調律師さんはやはりそんなこと知る由もなく、「そんな、お気遣いいただいてありがとうございます。」と喜んで受け取ってくださいます。

 

こういうことが立て続けにあると、ちょっとびっくりしちゃいますね。

 

「出費が少なくて儲けた」みたいなケチなこと言うつもりは毛頭なく、
なんというか、気前よくしてるとちゃんと手元に戻ってくるんだなぁ、と。

だからと言って、義務感で物を配ってもダメだと思うんです。

「この人に何かしたい」と心から思えて、見返りなんて考えもせずに何かを与えると、ちゃんと見合ったものが自分に返ってくるんじゃないかな。

「人にしたことは良くも悪くも自分に返ってくる」とも言いますしね。

今回はたまたまお金と言う形で返ってきましたが、別の物に形を変えることもありますよね。


お金がこういうカタチで回っていくのは良い循環だと思います。
「お金は中立です」と話していたユーチューバーさんもいましたがまさにその通りで、今回のわたしのように気持ちの良い回り方をしている一方で、汚いお金がグルグルと回っている場所も必ずあります。

いずれにしろ、使い方次第なのではないでしょうか。

 

わたしは物をあげて彼らとの友好な関係をキープしたいと思ったわけではなく、
仲良くしてくれていることへの感謝を物で表した、というほうが近いと思います。
それはたまたまタイミングが良かったからそうしただけのことで、これが毎年恒例とか年中行事のようになってしまっては意味がない。
逆に、もし相手がこれからもわたしからのギフトを定期的に貰えると期待するようになってしまったら、この関係は終わってしまうかもしれません。

 

タレントの紗栄子さんが、自分のことを「プレゼントモンスター」と称しておられましたが、どちらかと言えばわたしもそのタイプ。でも、「次もまた貰える」と勝手に期待するような人には何もあげたくない。
以前に、出張帰りの飛行機トラブルに見舞われ予定が狂ってしまった後輩へ、「お疲れさま」というメッセージと共にスタバのギフトカードをプレゼントしたことがあったのですが、後日彼女から「ありがとうございました。嬉しかったです。またお願いします~。」とお礼を言われ、なんとも複雑な気持ちになりました。たぶんもうあげない。

見返りを求めるわけではありませんが、贈り物そのものよりも、そこに乗せたわたしの気持ちを汲み取ってほしいなと思うのです。

 

感謝日記
メルカリで物が売れた。
友人の相談に乗って感謝された。
サプリの効果がお肌に出てきた。